AGA治療の効果が現れるまでには長い時間がかかる

これからAGA治療に臨む人にとっては、治療の効果があらわれるまでの期間がどれくらいになるのかは大変に気になるところです。



AGA治療の効果が出るようになるまでに要する期間は、AGAの症状の程度や選択した治療方法などによって異なっていますが、症状が軽ければ治療開始から3ヶ月程度で、ある程度症状が進行している場合でも治療開始から6ヶ月程度でAGAの改善もしくは予防の効果があらわれるといわれています。



治療の効果の出方には個人差があるため、必ずこの期間でAGA治療の効果が実感できるようになるとは限らず、中には1年以上経ってようやく薄毛の改善が目に見える形でわかるようになるといったケースもありますが、6ヶ月という期間はAGA治療の効果を見極めるための目安となるので覚えておくと良いです。
ただし、AGAの治療期間の考え方については注意が必要な点があります。


まず、飲み薬や塗り薬を用いてAGAの治療を行う場合、効果が出るまでの期間は、毎日欠かさずその薬を使ったと仮定した場合の期間を意味することになります。



AGAの治療薬は、抗ウイルス薬のように短時間で効果がでるものではなく、長期間断続的に使用することではじめて効果があらわれるものであるからです。

また、AGAは一度発症すると完治することはないため、他の病気のように完治までに要する期間を考えることは不可能です。

これは、AGA治療によって薄毛の状態が解消されたとしても、その効果を持続させるためにはさらに治療を継続しなければならず、途中で勝手に治療をやめてしまうと治療開始前の状態に逆戻りしてしまうためです。


AGAの治療のためのスケジュールは、これらの点を考慮した上で立てるようにしましょう。